社会保険労務士による障害年金の申請のお手伝い・相談・手続き代行・不服申し立て(東京都調布市を拠点に東京都はじめ関東圏/ライフワンズ社会保険労務士事務所)

相当因果関係とは?

  • HOME »
  • 相当因果関係とは?

相当因果関係とは?

「相当因果関係」とは、簡単に言いますと、「原因」と「結果」の関係のことを意味します。

障害年金においては、前にかかったAという傷病がなかったならば後のBという傷病にかかることはなかっただろうと認められる場合の傷病Aと傷病Bの関係のことを「相当因果関係あり」といいます。「相当因果関係がある」場合、障害年金上の取り扱いでは、その前後の傷病を同一傷病として取り扱うこととされていますので、たとえ傷病Aと傷病Bの病名が異なっている場合でも、この一連の傷病の初診日は傷病Aの初診日となります。初診日は、障害年金を請求するうえですべての判断のもとになる重要なものですので、この点注意が必要です。

「相当因果関係あり」として取り扱われる傷病の例

「相当因果関係あり」として取り扱われる傷病の例を一部紹介すると次のとおりとなります。
①糖尿病と糖尿病性網膜症または糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症などは、相当因果関係ありとして取り扱われます。
②糸球体腎炎(ネフローゼ含む)、多発性のう胞腎、腎盂腎炎に罹患し、その後慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱われます。
③肝炎と肝硬変は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
④結核の化学療法による副作用として聴力障害を生じた場合は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
⑤手術等による輸血により肝炎を併発した場合は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
⑥ステロイドの投薬による副作用で大腿骨頭壊死が生じた場合は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
⑦事故または脳血管疾患による精神障害がある場合は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
⑧肺疾患に罹患し手術を行い、その後、呼吸不全を生じたものは、肺手術と呼吸不全発生までの期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱われます。
⑨転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは、相当因果関係ありとして取り扱われます。

「相当因果関係なし」として取り扱われるもの

「相当因果関係なし」として取り扱われるものも一部紹介させていただきます。
①高血圧と脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱われます。
②糖尿病と脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱われます。
③近視と黄斑部変性、網膜剥離または視神経萎縮は、相当因果関係なしとして取り扱われます。

取り扱いが難しいところでもありますので、ご不明な点は是非ご相談ください。

不在時には、メッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡いたします。 TEL 042-444-0357 無料相談受付中です。お気軽にお問合せください。 9:00-18:00(土・日・祝日除く)

ライフワンズ社会保険労務士事務所
PAGETOP
Copyright © ライフワンズ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.