社会保険労務士による障害年金の申請のお手伝い・相談・手続き代行・不服申し立て(東京都調布市を拠点に東京都はじめ関東圏/ライフワンズ社会保険労務士事務所)

次回の診断書提出について

  • HOME »
  • 次回の診断書提出について

次回の診断書提出について

障害年金を請求し支給が決定すると、病状の変化を見るため、原則として一定の期間ごとに診断書を提出しなければなりません。これを「有期固定」(有期認定)と呼びます。
病状が変動する可能性がある場合、その病状を勘案して、次回の診断書の提出時期が1年、2年、3年、4年、5年のいずれかで設定されます。例えば有期固定の年数が3年の場合、3年ごとに1回診断書を提出しなければならないことになります。提出時期になると、ご自宅に診断書が郵送されてきますので、それを使っていただくことになります。これに従わずに診断書を提出しないと、年金が止められてしまいますので注意が必要です。診断書には提出期限が決まっており、20歳前による障害基礎年金の場合は7月末日、それ以外の障害年金についてはその障害年金をもらっている方の誕生月の末日までです。

診断書を提出することによってその時の病状で審査がされ、等級が変動し支給額が変更になったり場合によっては支給停止になることもあります。
上位等級へ改定される場合は、診断書提出指定日がある月の翌月分から年金額が改定されます。下位等級への改定や支給停止の場合には、診断書提出指定日のある月から数えて4ヵ月目から変更または停止されます。
したがいまして、再提出時の診断書の内容も重要になりますので、医師にはご自分の病状を正しく表している診断書の記載をお願いする必要があります。ご自分の病状よりも軽く記載されてしまった場合などは、医師に訂正をお願いしましょう。

「有期固定」の説明をしましたが、例外として病状が固定していて変わらない場合は診断書の提出が不要です。これを「永久固定」(永久認定)といいます。例えば肢体の切断などがこれに当たります。切断した部位がまた生えてくることや再生することはないためこのような取り扱いになります。

 

不在時には、メッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡いたします。 TEL 042-444-0357 無料相談受付中です。お気軽にお問合せください。 9:00-18:00(土・日・祝日除く)

ライフワンズ社会保険労務士事務所
PAGETOP
Copyright © ライフワンズ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.